奇跡の猫

コンテナから出てきたとき

奇跡の猫と言うのは、うちのシャドウとゆう猫のことです。

うちでは、猫2匹と犬2匹を飼っています。

シアトルに引っ越すので、4匹も一緒に連れて行く予定でしたが、1匹の猫が引越しの荷物を送った日からいなくなり、もしかしてコンテナの中に入ってしまったのかと思い、もしコンテナの中ならシアトルまで一ヶ月は掛かるらしく、お願いしてコンテナの荷物を全部出してもらい調べたのですが見つかりませんでした。

でも、私としてはコンテナの中しかありえないと思っていたのですが気になりながらもあきらめるしかありませんでした。ところが、一が月がたち、荷物がついたので明日持ってきますと連絡があり、その日から急に私のほうが、具合が悪くなり寝込んでしまいました。明日は荷物が着くのにと思いながらも胃がキリキリ、お腹は痛むし何なのと思いながら寝られませんでした。

そして朝、今から荷物届けますと電話がありましたが、コンテナを空けたら猫が出てきた痩せているけど生きているので今から行きますとゆう電話でした。

やっぱり,シャドウはコンテナの中に居たんだと思うともっとちゃんと探してあげればよかった。約一ヶ月間びっしり詰まった荷物の中で飲まず食わずでよく生きていたことに驚きました。

もし、いたとしても死んでいると思っていました。コンテナが着いてシャドウをつれて来たとき、抱き上げるととても軽く折れそうな体でミャオと鳴いたとき、ごねんねと抱きしめて生きていてくれてありがとう涙が止まりませんでした。すぐ病院へ連れて行き点滴をして薬と餌をもらって来たのですが、先生もびっくりでよく生きていていた奇跡だと言われました。もしかしたら後遺症が出るかも知れないと言われ心配でした。体重は半分になるまで痩せて、ブルーアイズの目の色も変わっていました。真っ暗の中にいたし目が見えなくなるのではと心配しました。

元気になったシャドウ

それから、不思議なことにあんなに前の日に胃とお腹がキリキリと痛んでいたのにシャドウに会えた時からいつのまにか痛みがなくなっていた。これはシャドウの生きているよの知らせだったのかなと思いました。

そして、日に日に元気になり餌もスプーン一杯ずつから少しずつ増やして今ではもとの体重より増えているかも、心配していた眼も綺麗なブルーアイズです。気になるのは首のところを爪でかいて傷つけたところが直らず、今は、バンダナを首に巻いているので掻けないけど、気に入っているのか嫌がりません。

奇跡的に助かった犬や猫の話は聞いたことはあるのですが、うちの子にも奇跡が起きて助かった奇跡てあり得る事なのですね。だぶんシャドウは長生きするでしょう。

 

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

奇跡の猫 への2件のフィードバック

  1. rumi shiraki のコメント:

    信じられない話です。せめて、ちゃんとした飲み水でもあったならわかるけど、何もないコンテナの中でたった一人(一匹)でどうやって、飢えと孤独と暗闇に耐えていたのか、、、、なんてすごいことなんでしょう!(泣)

  2. Reiko のコメント:

    本当に奇跡としかいえない出来事におどろいでいるけど、食べ物もまして水も無い暗闇の中でよく生きていられたのが
    不思議でした。ぎりぎりの限界だったと思う。助かってよかった、生きていてくれてありがとう。の気持ちでいっぱいでした。
    今では、すっかり元気に走り回っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。