ロサンゼルスに行って来ました。(1)

先週、ロサンゼルスに行って来ました。

実は、去年ロスの90歳のおばあさんと一緒にラスベガスに行った時のことをブログに書きましたが、今回そのおばあさんが亡くなってしまいお葬式に行ってきました。

2012-07-24 10.06.27

前からあまり具合はよくなかったけど、ラスベガスにいけると思ったら急に元気になり、楽しそうに行ってきたのに・・・・

SAM_0029

その後、一緒に行った長女のおばさんが、3~4ヶ月後に、急に心臓発作で亡くなって以来、おばあさんも元気がなくなって、2週間前に亡くなってしまいました。

2012-07-24 15.04.23二人とも一年も経たないのに逝ってしまったけど、主人ががんばって連れていてあげたので二人とも喜んでいたようです。

先週、木曜日に日本で言うお通夜とお葬式が一緒になった感じで、おばあさんが安置されている部屋で、最後のお別れをしました。

棺の中のおばあさんは、とても痩せていたけどきれいな顔をしていました。そこでおばあさんの写真とかVCRを見たりして、おばあさんとのエピソードなど約2時間ぐらい話しをしたりしておばあさんを偲んでいました。

日本はお通夜やお葬式は、黒の喪服を着ていくけど、黒い服は身内でも何人か着ているだけで、普通な感じたっりあまり気にしないでカラフルな服で着ていたりするのはちょうとびっくりでした。

これも文化の違いでしょうかね!!!

お葬式は次の日で、おばあさんがいつも行っていた近所の教会で行われました。沢山の人たちが来ていましたが、あまり喪服を着ている人はいませんでした。白、グリーン、花柄、まるでパーテイに着ていく感じでまたまた驚きでした。

教会で、1時間ぐらいお葬式のあと、おばあさんを乗せた葬儀車の前を2台のハイウェイパトロールの白バイが誘導して墓地まで連れて行きました。その後、牧師さんが最後のお祈りをしてお別れをしました。土葬なのでおじいさんの墓の横におばあさんの棺が入る穴が掘られていました。

やっと、おばあさんは、おじいさんのそばで安らかに眠りに着いたことでしょう。

今回は、お葬式なので写真は撮りませんでした。

日本で何度かお葬式に行きましたが、アメリカは服とかは気にせず、とにかく行ってあげるのが喜んでくれる感じで、お香典とかもないようです。今回、アメリカと日本のお葬式の違いを知りました。

つずきは、次回のブログにします。

 

 

 

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です