陪審員に選ばれました。

約、3週間前ですけど裁判所から手紙が届いたようです。
私は、知らなかったのですが

丁度、3週間前から柴咲コウ主演の坂の途中の家という連続ドラマをやっていまして、そのドラマが裁判員に選ばれたドラマでした。ちょっと気になって見ていました。

実は、3~4年前でしたか突然、私に1通の手紙が来てSummons for Jury Dutyと書いてあり
主人に、これって何のことって聞いたら
主人がその手紙を読んだら裁判所からの召喚状だよと言うので、えっ!!
訳がわからない?、なぜ、裁判所から、なぜ私に??何か悪いことした??頭の中が真っ白って感じで
なぜ、どうして???
よく聞いてみたら、陪審員に選ばれたらしいと言われ、ただただびっくり!!!
なぜ私が選ばれるのと不思議と言うか、なんか、どうしたらいいのと不安でした。


でも主人が、陪審員に選ばれるのは、アメリカ市民権のある人のようで、私は、グリーンカードは持っていてもアメリカ市民でもないから大丈夫だよと言って、裁判所に連絡してアメリカ市民ではないからと言って
断ってくれたようでほっとしたのが3~4年前のことでした
そして、この間たまたま、このドラマを見ていてそう言えば私にも前に陪審員の通知が来ていたことを
思い出してやっぱり、選ばれたら大変だったんだなと断れてよかったとちょうど最終回のドラマを見ていたら主人が、そのドラマを見て裁判のドラマなのと聞いていたので裁判員に選ばれたドラマで
私も、前に陪審員に選ばれた時があったよねって話していたら主人が、なんか思い出したように

そう言えば、先週、裁判所から私宛にまた陪審員の召喚状が来ているよって言われ、えっつ!!また!!うそでしょう~~2度も選ばれるなんて、なぜ?、どうして?
さっきまで人事のように見ていたドラマが現実に引き戻された感じでとてもショックな気持ちになりました。

一度選ばれるのも確率的にはあまりありえないことだと思うのに2度も選ばれた。当たってしまった。
宝くじが2度当たってくれるればとても嬉しいことだけどほとんどありえないことなのに
くじ運がいいのか悪いのか??
とりあえず、主人が、オンラインで免除申請してくれました。
一度通知すれば、それ以降送られてこないわけではないそうです。召喚状が届いたら毎回やる
必要があるようですね。

本来は陪審員は米国民権を持つ米国人のみが対象のようですが、市民権を持たない人にも送られてくるようです。選ばれたのは運で仕方がないことなんでしょうね。

そして、先週、裁判所から知らせが来ました。
陪審員、候補に選ばれた米国市民権の無いのに陪審員になる資格が無い、したがってあなたは陪審員義務から免除されています。陪審員を務める資格がありませんと裁判所からはがきが届きました。

その知らせが来るまではなんか落ち着かない気持ちでした。
これでやっと開放された感じでほっとしました。

陪審員制度があるアメリカでは陪審員として任務を必要に応じて果たすことはアメリカ国民の義務と言うことで、よほどの理由が無い限り断れないようです。たぶん日本も同じと思いますが
でも、とりあえず、アメリカの市民権無くってよかったと思ってしまいました。
これ以上選ばれないことを願っています。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。